2019年07月19日

田舎暮らし  〜 海がダメなら渓流へ 〜

 いつも行く波止から魚が消えた。釣り人の姿もほとんどない。波止釣りはちょうど端境期に入った。お盆頃になるとマメアジ、コカマス、アオコがやって来る。それまでは我慢だ。
 夕べは雨。その雨が小降りながらも今朝まで残った。釣りに充てていた早朝の時間は家庭菜園の世話をする。キュウリ、トマト、ナス、インゲンが夫婦二人には余るほど実ってくれている。
 朝食を終え、いつもの朝寝を一時間。目覚めて急に思いつき渓流釣りの準備を始める。昨夜来の雨で年券を買ってある月光川は水量が増し、濁りも入り、魚は警戒心をなくしているはずだ。こんな日はミミズの餌が良い。しかし、子供の頃のように堆肥置き場の周りを掘っ繰り返してミミズを捕るわけにもいかない。当然餌いらずにルアー釣りだ。
 
 月光川中流域のポイントは限られる。まず、一番の実績ポイントに向かう。道路わきから踏み分け路が続くが、ほとんど分からないほど草に埋もれている。予想した通り水量が多い。しかし、濁りはさほどでもない。エスプーンを飛ばして見る。その日の魚の活性は一投目でわかる。ヒットしなくてもあちらこちらで反応して魚が跳ねるようだと活性は最高だ。しかし、何度飛ばしてもアタリも跳ねもない。早々に竿を畳み移動だ。
 次は橋の上から上流に向けてルアーを飛ばし流れに乗せて引っ張てくる。しかし、ここでも反応は皆無。
 下流に下り、確率100%の堰堤を狙う。が、二投目で根掛かり。虎の子のルアーをロス。惨敗だ
 
 過去に、
 月光川のヤマメが
 こんなに良く反応した時もあったのに。

 https://youtu.be/xkfdZiwa_ZE
ラベル:渓流釣り 月光川
【関連する記事】
posted by 釣魚迷 at 15:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。