2020年05月24日

庄内浜釣り速報  〜 魚の群れならぬ釣り人の群れが押しかけて・・・ 〜

 今朝も良く晴れている。気持ちの良い朝だ。様子見を兼ねて、アジングの道具を携えて釣り場へ。昨日の夕方アジングで少しは釣れていたポイントに向かう。昨日はこの狭いポイントにズラリと7〜8人が並んで竿を出していた。常連のカップルの布バケツには10尾ほど入っていた。今朝は、そこに先行者が一人。遠慮して、やや離れた場所に着く。間隔は10m以上はあったはずだ。ところが、先行者に近いポイントに向けてやや斜めにキャストしたら、怒鳴られてしまった。まだ、若いご仁だった。「そこは俺が釣る場所だ」と言う風なしゃべり口だった。彼の仕掛けの投入位置を見定めて邪魔にならないところに落とし込んでいるはずだった。「お前の海か!」と思わず怒鳴り返してしまう。
 通りがかりに見た彼の布バケツには5〜6尾17〜8センチ級のアジが入っていた。今日は当たって高揚した気分だったかもしれない。周りが明るくなっていた。それでも、岸壁にのっぺりと立ってキャストをしている。底が見える浅いポイントだ。そんな釣り方だと魚は人影に怯えて散ってしまう。あれもこれも分かっていなさそうな若者だった。これは第一堤防での話。

 閑話休題

この混雑は異常だ
IMG_9153.JPG

IMG_9151.JPG

 ここしばらく、土日の混雑ぶりは驚異的だ。以下の写真は西浜駐車場のものだが、午前5時ごろにはざっと見て50台を超す車が停まっていた。波止には、アジと青物釣りの釣り人が肩幅間隔で並んでいる。これが、皆竿を振り上げてキャストを繰り返すわけだから事故が起きないのが不思議だ。魚だって、これだけの人数に行き渡るほどはいないはずだ。ちょっと考えてしまう。

 昨日は、ジャリメの餌が残っていたので、今季三度目のキス釣りに。ポイントは、二度目と同場所。隣に一人キス釣りの釣り人がやって来て言葉を交わす。昨日も来たらしい。食いが止まって私が引き上げてからのようだ。良型を50尾ほど釣ったと言う。
 相変わらず好調だ。一投目からアタル。一投一尾のペースだ。しかし、この日も仕掛けの絡みが頻発、能率が悪い。餌切れまで粘って26尾だった。20センチ近いのが5〜6尾混じった。アベレージサイズが15センチ前後。
 今のキスは港の内側のやや水深のある所にいる。アジのポイントとは重ならない。混雑を避けるならキス釣りがお勧めだ。ただ、キスは時合に敏感だ。群れのいる場所を探り当てることと、時合の見極めが要る。
【関連する記事】
posted by 釣魚迷 at 06:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。